04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときぱて ( ´▽`) 

1回目のレビュー
そんなに大それた事じゃなくて自分が使った物の感想なんだけどね。

それはρ(・д・*)コレ
ときぱて
ときぱて

ヒケ処理に使う物だと思うんだけど。
(σ*´∀`)普段はヒケ処理にはラッカーパテをシンナーで薄めて使ってます。
でもこれが結構めんどう。
使うたびに薄めなきゃならないし、足りないと困ると思って多めに作っちゃう。
そんで余る。
少な目に作っても何故か余る。
しかも、ヒケ処理が終わった後にヒケてる所を発見するとまた薄める。
これまた余る。
パテとシンナーがもったいないなと思い何か良い物は無いかと探して買ったのがこれ。
これでいつでもヒケ処理が出来ると思ったけど、買ってから1回も使ってなかった|∀・)・・・・・

なんで今回これを使ったかと言うと。
今作成中のスーパーガンダム。
Gディフェンサーの白い部分はサフレスで白を吹こうかと思ったから。
そうすると今までのラッカーパテを薄めたやつだとちと具合が悪い。
ラッカーパテを知らない人はいないと思うけど、あれって色が灰色なんだよね。
サフを吹くんだったら下地の色はあんまり関係ないと思うけど、サフレスで吹こうと思ってるし、しかも白。
いつも通りにヒケ処理したら綺麗に塗装出来ないかと思い使ってみました。

( ̄0 ̄;アッ
ヒケ処理って何?って人は他の方のブログやHPを参考にしてね。
(σ*´∀`)が説明するより分かりやすく書いてあると思うから。



まずは塗料と同じ様に良くかき混ぜて筆で塗ります。
ときぱて (2)
分かるかな?
ときぱて (3)
ヒケてる部分に筆で塗り塗り。

塗った感じは少し薄くて塗りづらいかな。
もう少し濃い方が塗りやすいかも。

赤い部分はヒケてる場所が分かりやすい様にマーキングしてます。
(σ*´∀`)が見落とさない様にやってるだけです。

いつもなら塗り終わったら2日位乾燥させるんだけど、今回は1日で乾燥終了。(蓋の裏に付いた溶きパテの乾燥が早かったから)

乾燥後↓
ときぱて (4)
これを400番のペーパーでやすりがけします。
やすりがけ後↓
ときぱて (5)
続いて600番、800番とやすりがけします。
やすりがけ後↓
ときぱて (6)
完成
あら(´・∀・`)
パテで埋めた部分が無くなってる。
ここはパテで埋める必要が無かったかも…

今回、塗り方が悪かったのか、かき混ぜが足りなかったのか、乾いた後を見ると分離して固まってた。
そのせいかペーパーがけするとラッカーパテに比べて硬く感じたな。
確かに蓋を開けてすぐ使えるってのは魅力だけど、ラッカーパテを薄めて使った方が使いやすいかな。
でも、今回の様にサフレスで塗装をする場合なんかは溶きパテを使うしかない訳だし。
今後は使い分けして使用していこうかと思いました。

こんな感じでプラモ初心者のσ(*´∀`*)目線でレビューを書いて少しでも参考になれば良いんだけど…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rebin.blog65.fc2.com/tb.php/182-5146fec1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。